【無料&大手】理学療法士の転職サイト“マイナビ コメディカル”は求人が多い

ビジネス

理学療法士の転職サイトって何が良いのだろうか?

いくつもある転職サイトでどれを使おうか迷う

転職したい。

しかし、転職サイトはたくさんあるし、どれがいいのかわからない。

求人の数とか転職サイトによって違うのかな?

転職というのは理学療法士に限らず、多くの人にとって人生でそう多くはないイベントだ。

だからこそ、失敗したくはないという気持ちは十分わかる。

今回は私自身が理学療法士だということもあり、また周りの理学療法士で転職に苦労した姿を見てきたことから、理学療法士の転職、特に最近人気の出ている転職サイトについてお話できればと思う。

この記事を書いた私は…

2009年に理学療法士免許を取得して以降、多くの転職をしてきた同級生を見てきた。

転職してうまくいっている人、はたまた転職を繰り返している人…様々見てきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士の転職サイト“マイナビ コメディカル”は求人が多い

マイナビコメディカルは大手だけあって、サイトが使いやすい&求人数が多いことが率直な感想。

理学療法士の転職活動には、もってこいの転職サイト。

マイナビ コメディカル公式サイト



転職といえば、マイナビというだけあって、それのコメディカル版だからやはり求人掲載の数は多い。

求人を出す病院や施設、企業も求職者が多く集まる転職サイトに求人を掲載したいので、自ずと大手に求人は集まりやすい。

もちろんマイナビコメディカル全て無料で使うことができる。

そして、各地域ごとに給料が高いランキングなど分かりやすくて使いやすい、だから求人を探しやすい。

また、全求人の40%が非公開求人ということで、他では出会えない求人案件に出会える可能性が非常に高い。

どういったサービスが受けられる?

無料登録後、希望した場合、医療介護専門のアドバイザーが希望の条件に合った転職先を紹介してくれる。

なぜ無料で理学療法士の転職を斡旋できるかというと、病院や施設側から紹介料を支払ってもらって運営されている。

だから、転職を希望する理学療法士は無料で、自分の希望する転職先を見つけることができる。

具体的な利用までの手順

  1. 無料登録(大体1分くらい)
  2. メールを受け取る
  3. 転職希望時期や希望する条件等を返信する
  4. 担当者から連絡が来る(現在の状況を聞かれて、すぐに転職したいのか、様子見かを聞かれるくらい)
  5. 転職活動開始(ペースは人による)

大体こんな感じ。

非公開求人を含めて、求人内容を見たいだけなのか、すぐに転職したいのか次第で結構、対応が変わる感じ。

なので、無理に転職を進められることは無い。

完全に既卒PT・OT・ST向けの転職サイト

上記の公式サイトを見てもらえればわかる通り、完全に理学療法士や作業療法士などコメディカル向けの転職サイトなので、まだ免許を取得していない卒業見込みの人向けではない。

求人内に関しても、どれも免許取得済みが前提で、経験年数も指定してる求人も少なくない。

私が住んでいる鹿児島の求人も見てみたが、経験年数を指定している場合、経験年数3年以上などがある。

また、職種もコメディカル特にPT・OT・STの求人がほとんどで、コメディカルというよりは、セラピスト向けの転職サイトという感じ。

今後はどうなるかは分からないが。

なので、理学療法士に限らず、セラピスト職の転職には非常に心強い転職サイトであることは間違いない。

転職で失敗しない為には併用が重要

大手で、しかも無料で理学療法士や他のセラピスト職専用の転職サイトであり、転職の際に心強い事には間違いないが、しかし他のサービスとも併用したほうがより転職で失敗する確率が減る。

各転職サイトごとにサービスや求人内容に特色がある。

例えば、Aという転職サイトに求人が出ていて、Bという転職サイトには求人が出ていないということは往々にして起こりうる。

というのも、企業側からすれば、掲載する場所が多くなればなるほど、その分費用がかかる。

なので、転職サイトは併用したほうが良い。

理学療法士が転職を考える際に、どの転職サイトを使えばいいのか?

ハローワーク(転職サイトじゃないけど…)、マイナビコメディカルPTOTキャリアナビの3つは理学療法士の転職には必須と言ってもいい。

とりあえず、この3つは無料で使えて、この3つを使いこなして転職活動をすれば、希望の地域の理学療法士の求人は網羅できる。

PTOTキャリアナビに関しては下記の記事を参考に。

これまで理学療法士が転職するというと、ハローワーク一本で転職活動する人が多かった。

しかし、ハローワークはどの企業も無料で求人を掲載できるため、“とりあえず求人”に引っかかる可能性も結構ある。

実際に、私の友人もこれで転職に苦労していた。

かつては、マイナビコメディカルPTOTキャリアナビのような理学療法士の専門転職サイトもなかったのでしょうがないといえば、しょうがないが…

かといって、専門転職サイトだけでも情報は十分でないので、やはりハローワークは利用したほうが良い。

理学療法士をはじめ、セラピスト職の求人は全求人の数からすると少ないので、情報量が重要になる。

なので、無料でサポートが受けられるものは全て使い倒そう。

人生でそう多くない転職だからこそ、失敗はしたくないのは痛いほどわかる。

ハローワークに行ったり、スマホで転職サイトに登録するなど多少は手間はかかるが、これも転職が失敗しない為と思いしっかり利用しよう。

同じ理学療法士として、いい転職ができることを願っている。

マイナビコメディカル公式サイト

PTOTキャリアナビ公式サイト

ハローワーク

コメント

タイトルとURLをコピーしました