モテるためには建前抜きで外見が重要【元デブが語る】

筋トレ・ダイエット

モテる外見ってどんなの?

どうすればモテる外見を手に入れられるのか?

今の状況を改善したい。モテるようになって人生楽しみたい。

このように考える人は多いだろう。

しかし、大ぴらに声を大にして言える人も多くはないので、そこが何とも難しいところ。

そこで、今回は、男目線で、モテる外見について考えてみる。

この記事を書いた私は、パーソナルトレーナーで2000人以上をサポートしていた。私自身元デブ(174㎝90㎏)で外見に苦労したが、半年で体型を完全に変えた(65㎏までダイエット)経験がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モテるためには建前抜きで外見が重要

どんなきれいごとを言っても、本音はまず外見だ。モテるためにはまず外見を整える必要がある。

なぜなら性格が…などいくら建前を言っても、薄々でもみんな、まずは外見じゃないかと気づいている。

モテるか、モテないかは甲子園大会⁈

高校野球の甲子園大会をご存じだろう。

そう、アノ春や真夏に行われる高校生の野球大会だ。

あの大会に出場するには、どうすればいいのか?

予選を勝ち上がる必要がある。

その後、甲子園出場となり、そこでまた熱い戦いが繰り広げられる。

ただ、そうは言っても実際、甲子園は“出ることに意義がある”に近い感覚も少なからずある。

なぜなら、ひどい一方的な試合に、たとえ20点差になっても9回が終わるまで試合は続けられる。

むしろ全国から応援され賞賛される。

しかし、予選は、5回7点差ついた時点で試合終了だ。

ほとんど誰にも知られず終了だ。

このくらい、予選と本選では扱いが違う。

前置きが長くなったが、モテる、モテないも実はこれと同じこと。

外見は、いわば予選大会だ。

点差がついたら試合は打ち切りだ。

予選を勝ち抜くと、本選に勝ち進んで【性格】【話術】【学歴】…その他諸々で戦う権利がある。

そこである程度、【点差】を付けられてもある程度おいしい想いはできる。

なぜなら、予選を勝ち抜いてきた本選だから。

間違っても、本選から進んで予選に行くことはない。

甲子園大会と同じだ。

本選に行くためにも、まずは外見という予選で負けないようにしよう。

でも金持ちのブサイクもモテるではないか?

それは多いにあり得る。

外見を無視できるほど持っていればモテるだろう。

甲子園には“21世紀枠”という、予選に負けたのにも関わらず本選に出場できる特別枠がある。

金持ちでモテるには“21世紀枠”を勝ち取る必要がある。

ただ、モテるために金持ちになることと、外見を変えることではどちらが簡単だろうか?

ちなみに金持ちになるにはそれ相応の種銭がなければ難しい。

顔か?体型か?

まずは体型の改善からだ。

どんなイケメンでもデブになった瞬間カッコ悪くなるからだ。

デブの状態でどんなに髪型を気にしても、顔にある脂肪のおかげで映えない。

そして、服も限られてくる。

痩せたらイケメンか否かはどうでもいい。

痩せてから判断しよう。

脂肪がまとっているうちは判断も、改善のしようもない。

デブでもモテている人はいるが?

いるが、【率】が極端に悪い。

デブOKを公言している女子を何人見つけられるか?

もちろん、0だとは言わないが、デブNGの女子を見つける方がたやすいからだ。

大手芸能事務所がデブのアイドルグループを作らないわけがわかるだろうか?

デブ専狙いもビジネス的にはアリではないかと思うが、今だかつてデブのアイドルグループがドームツアーで女子を集めた記録はない。

なぜか?

需要が0でないことは知っているが、需要がニッチ過ぎて商売にならないからだ。

このくらいデブOK女子を見つけるのは【率】がわるいのだ。

たぶん、そうでない人と比べるとモテるためにめっちゃお金が必要になる気がする。

人生が変わるほどモテる外見を手に入れるたった一つの方法

まず痩せること。

体にメスを入れたりせずにでき、痩せてモテたという事例は枚挙にいとまがないからだ。

では、どうやって痩せるか?

具体的にとりあえずするべきことは、

  • 筋トレ
  • 炭水化物を減らす

とりあえず、まずこれだけはできるはずだ。

筋トレ

自宅で始めてもいいし、ジムでもいい。

やり方がわからないのであれば、パーソナルトレーナー付きでもいい。

そこであれば、痩せるための食事も教わることもできる。

とにかくさっさと、始めたほうが良い。

にしても、パーソナルジムは高くない?

平均で月額7~10万円ほどで2~3か月通うことになるのだが、むしろ、安いと思う。

今後もモテない人生を進むと思えば、人生で1度くらい20~30万円でモテる人生を歩めるのであれば安い。

何せ、デブでモテるには最低でも1000万円ほどは持っていなければ、といわれているので、20~30万円で1000万円の価値を買えることになる。

GYMEなどで近くのパーソナルジムを探せる。

とにかく、コンプレックスは早めに解消することだ。

食事

まず手っ取り早く炭水化物を減らしてみること。

日本人の多くの肥満の原因が炭水化物の摂りすぎだから。

特に夜の米、パン、麺類、砂糖うを控えると効果がある。

これは、パーソナルジムに通わずとも、今日からできるモテる外見を手に入れる行動なのでやってみたほうが良い。

以前、炭水化物ダイエットを行っても効果がなかったが?

それなら、脂質を少なくすればいい。

人は、エネルギー源となる炭水化物、脂質の過剰摂取で太るから。

揚げ物、脂の多い肉を減らす。

まずこれだけでいいのでやったほうがいい。

私がデブから変わってみた景色

まず、人の接し方が明らかに変わる。

特に、初対面だと分かりやすい。

やはり、まずはどんな人かわからないうちは、見た目で判断されるから。

分かりやすかったのが、友人の結婚式の二次会。

それこそ、お互い知らない男女が一堂に介す場所だ。

デブの時(174㎝90㎏)ももちろん何度もこのような場に行ったことがあるが、特に何もなかった。

1度や2度でなく足を運んだので多分、デブのままだと何度言っても同じだっただろう。

しかし、しっかり痩せて(65㎏)そのような場所に行くと、アドレス帳の件数は増える増える。

しかもこちらから聞いたことは一度もなかった。

中身は何も変わらないのに、見た目が変わるだけで本当に世界が変わる。

ちなみに、その後、ダイエット経験を生かしてパーソナルジムをオープンさせ、直営2店舗、FC1店舗、従業員10名の会社まで育った。

だから、モテる外見に変わるのは、難しいことではない。

まずは、筋トレ、炭水化物を減らす、これだけでも実践し続けるとこれまで見たことのない世界が広がる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました