会社売却その後の私のリアル【会社売却体験談】

ビジネス

会社売却後ってどうなるの?会社売却した後の生活って?

会社売却した後の生活をどうしているのか気になる。

事例があれば知りたいです。

このような疑問に対して、前回>>【会社売却経験者が語る】会社売却後の社長の人生では、一般的な会社売却後の人生についてお話しましたが、今回は私の実体験中心にお答えして、ぜひ参考にしていただければと思います。

この記事を書いた私は…

2015年に起業して、2020年にM&Aで株式譲渡した経験があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社売却その後のリアル

会社売却後によく、「次は何の会社作るの?」と聞かれますが、私も含め、大抵売却後の社長はもう一度会社を興すことは無いと思いますし、実際私も今のところ考えていません。

その理由として、単純にもう一度会社を興しても、またM&Aに出すという選択をするので、結局同じことをすることになるからです。

わかりやすく言うと、一度クリアしたゲームをもう一度プレイすることはあまりないでしょう。

そのような感覚です。

特に起業家は、新たなことに挑戦する気質を持っています。

なので、これまで経験したことのあることよりも、これまでしてこなかった・体験したことのない分野や活動を行いたいと思うからです。

もちろん、一度経験したから、もう一度会社を興してバイアウトするということはできるでしょうが、選択肢の一つになり得ても、優先事項ではないです。

社長という立場は良いなと思うのですが…

これも結構言われます。

ですが、社長になることを最優先にはしないです。

むしろ、稼ぐのであれば、これまでよりも、もっと効率的に稼ぎたいと思うようになりました。

また、売却してまとまったお金を手にしたら、多くの人は事業興しでなく、投資に回します。

この手の質問は、起業経験のない方から多くいただきました。

一度、起業してみたらわかると思う、としか言いようがないのですが、一度社長という立場を経験すると、それは自分にとって大して特別なことではなくなるので、立場へのこだわりがなくなります。

なので、【何をするのか】が重要になり、また稼ぐにも人件費などの固定費をかけずにいかに効率的に、ミニマムでサスティナブルに稼げるのかに重きを置くようになります。

なので、投資や自分一人で稼げる超・スモールビジネスに挑戦しますし、そんな方が多いです。

また、起業して新たに得たスキルをさらに深堀したいと思います。

それは、どこかに勤務するでもいいし、個人事業主として行うでも、副業でも構わないという感じ。

なので、立場よりも、【したいこと】【効率】を求めます。

極端な話、サラリーマンを仮にしても昇進や役職にはほとんど興味はないでしょう。

役職を得たにしても、自分のしたい業務ができないのであれば、おそらく満足度が低いはずです。

スポンサーリンク



立場よりもしたいことを優先

ポジショントークになりそうですが、正直もう一度自分で会社を興して“社長”という立場を手に入れようと思えば、これまでやってきたことをやるだけなのでできるでしょう。

しかし、それを選択しない会社売却後の社長が多いのは、やはり結局これまでと同じことになることが目に見えているから。

なので、どうせ同じ人生の時間を過ごすなら、これまでしたことがないことや、これから新たにしたいことに興味が向くでしょう。

また、何といっても経営者よりも投資家にあこがれるようになります。

不労所得狙いですね。

だから、私も含め売却益を、次の事業に充てる会社売却後の社長よりも、投資に充てる人が多いです。

実際、投資家には経営者出身の人が多いです。

多分、同じことを皆考えているのだと思います。

以上が、会社売却のその後、会社売却した社長がもう一度経営者にならない理由です。

M&A、会社売却関連記事

>>【M&A経験者より】バイアウトなら“MAポート”に無料登録がおすすめ

>>【会社売却経験者が語る】会社売却後の社長の人生

>>【会社売却経験者が語る】会社売却、M&Aで売り手の最大のリスクとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました