【人生が変わる自己投資】稼ぐ為の自己投資のおすすめは?~総集編~

ビジネス

これから稼ぐ為に自己投資でスキルアップしていきたいけど、おすすめってどれ?

自己投資をどのように生かしてキャリアに生かせばいいのだろうか?

このままでは、収入面を見ても将来の生活が不安。

自分がスキルアップして、副業なりで稼げるようになりたい。

そこで、3回に分けて紹介したおすすめの自己投資。

今回はその総集編。

この記事を読めば、今後どのように自己投資を行って、そして人生を過ごしていけばか想像がつくはず。

この記事を書いた私は…

サラリーマンを6年、その後起業して社長生活を5年して会社をバイアウトした経験がある。

そして今は、プロニートとして生活できている。

これもひとえに、これまでの自己投資のおかげであり、もちろん今回紹介していることは全て私も実践している。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

稼ぐ為の自己投資のおすすめは?~総集編~

今回は、これまで消化してきた稼ぐ為の自己投資のおすすめの総集編。

これまで各パートごとにお伝えしてきたので、ここでひとまとめにして、分かりやすく解説。

稼ぐ為の自己投資のおすすめ~読書編~

まずは、稼ぐ為の考え方を身に付けるためには読書が一番。

それにプラスしてインプットしたこと、経験してきた事を自分なりにアウトプットする癖をつける。

というのも、今は電子書籍という、いつでもどこでもスマホでニュースサイト感覚で読むことができる。

しかも、これまで稼いできた人が読んできた本や、実際に稼いでいる人が書いた本がすぐに自分の頭の中に入ってくる最高の環境にある。

そして、インプットだけでなく、必ず学んだことを自分なりに行動に移す必要がある。

この記事で紹介した書籍

最低限、まずはこれを読まないと稼ぐの本質がわからないし、これまで稼いできた人もこの“キャッシュフロークワドラント”をバイブルにしてきている人も多い。


稼ぐだけでは、金持ちにはなれない。

稼いでお金は、使い方が非常に重要。

2020年に発行された新しい書籍だが、これまでの自分の生活、特にお金の使い方はかなり学ぶものがある。

稼ぐコツ、使うコツが学べる。


読書じゃねーじゃん!といわれるが、読書じゃない。

稼ぐ為にまず最初の時点から、学んだことを自分なりにアウトプットする行動力を身に付けたほうが良い。

それが手っ取り早いのがブログ。

しかも、慣れてくればマーケティングの知識やブログからの収益も発生する、一石二鳥。

SNSと違ってブログはオウンドメディア(自分が構築したプラットフォーム)なのでカスタマイズも自由。

特にIT弱いを自覚している人は、まずブログを立ち上げるとITオンチも克服できる。

稼ぐ為の自己投資のおすすめ~デジタル編~

YouTubeとユーデミーを活用して新たなスキルを手に入れることが、効率的。

新たなスキル、特にこれまで自分では経験したことのない技術は、書籍よりも実際に動画で学んだほうが間違いはないし分かりやすい。

これから自分が稼ぐ為のスキルを手に入れるフェーズ。

特に意識してほしいのが、場所を問わず稼げるスキルを手に入れることがコツ。

まずはYouTubeで無料で学べるところまで学ぶ。

ここで今後自分が深掘りしていく分野を決めよう。

そして、オンラインスクールでもあるユーデミーで本格的に技術を取得するイメージ。

ユーデミーは以下のような、在宅副業でも稼げる講座が用意されている。

コツは、YouTubeで興味のある、また場所を問わない分野を選択肢して、ユーデミーで極めること。

そして、まずは一つしっかり学んでみることが重要。

分散しない。

稼ぐ為の自己投資のおすすめ~株式投資~

株式投資は、自己投資の最終形態、集大成と言っていい。

給料+副業収入で稼ぐ→投資→増やす→給料+副業収入→さらに投資→さらに増やす…といったように、自分で稼いで、不労所得で増やすといったサイクルを作り上げるため。

資産形成のために稼ぐといっても過言ではない。

なぜなら、在宅副業でも労働であり、何らかの理由で出来なくなったらそれ以上お金が増えることがない。

だからお金がお金を生む、お金に働いてもらうシステム【マネーマシン】を人生で構築する必要がある。

ただ、お金があるだけでは、株式投資で資産形成はできない。

会社、ビジネスに投資するので、ビジネスの知識と決算書、財務諸表をしっかり読むことができるスキルを得ることが必須。

だからこそ、小さくてもいいから副業で自分のビジネスを持つ必要がある。

ビジネス感覚は実戦で手に入れることが有利。

決算書、財務諸表の読み方は、無料で公開されている。


これが身についたら、アメリカ株に投資しよう。

ちなみに、英語はできなくても外国株式には投資できる。

どんな会社に、どんなビジネスに、どのような投資をすればいいのか下記の書籍に全て記載されているので参考に。(中田敦彦さんのYouTubeで紹介された書籍だ)

稼げるようになるだけではダメ

すでに理解はしているとは思うが、稼いでもその分使ってしまったらこれまでと一切変わらない生活になってしまう。

稼いで、投資でなく消費に回してしまったら、その分また稼がなければいけない。

稼いで資産を年々増やしていけるのが理想。

私も起業して、少しづつお金が増えると、何も考えずに生活レベルを上げて一向に自分の資産は増えなかった経験がある。

人は、お金が入った分使いたくなる。

しかしそれではお金を右から左に流しているだけ。

特に気を付けたいのが、ローンを含めた固定費を増やしてしまうこと。

もっと家賃の高いところに住む、もっといい車に買い替えてローンを組む…などなど。

固定費を上げるという事は、息をしているだけでも毎月支払わなければいけないし、固定費は「今月は節約」なんてこともできない。

生活のレベルを上げるのは、稼ぐ→投資→増える の【増える】の息をしているだけで増えた部分の範囲で上げるべき。

固定費は、生きているだけで支払わなければいけないコスト。

そうではなく、稼いで、投資して生きているだけで【支払われる側】にならなければいけない。

今の自分にプラスするキャリア設計で将来は安心

自己投資して今の自分にプラスする、といったイメージでキャリア設計するイメージで良い。

今本業で収入を得ている人、特にサラリーマンは最高に自己投資して稼ぎやすい時代になっている。

だから、強く今の自分にプラスするというイメージを持ってほしい。

というのも、これまでサラリーマンから社長を経験した私から言わせれば、今のサラリーマンは実は最強のビジネスモデルだ。

  • 出社してれば毎月確実に決まった給料が支払われる。支払われなかったら役所にチクればOK
  • 老後その会社で働くわけでもないのに、なぜか年金は半分会社が負担している
  • もちろん、医療保険も半分会社が負担している
  • いつ辞めてもOK
  • 給料の高いところに移ることを決めてから辞めてもOK
  • 辞めても次決まるまで雇用保険から給料の代わりがもらえる

このように社長には一切ない権利がガチガチで保証されている。

しかも極端な話、仕事ができる・できないに関わらず、決まった日時にそこに居座るだけで、すでに上記の権利は発生する。

更に。

現在は、副業がOKでこれを認めないと会社は“ブラック扱い”されかねない。

もう、リスクを負ってわざわざ独立するメリットはなくなっている。

最も効率的な稼ぎ方が、

  • サラリーマンとして固定で収入を得る
  • 副業で成果報酬で収入を得る

保証されながらも、副業によって社長や事業主の一面を持つことができる。

むしろ副業の収入が上回ったという人も続出中。

だから、自己投資で稼げるようになったからと言って、独立はおすすめしない。

一昔前は、サラリーマンの副業は雰囲気的にNGだった。

なので、今より稼ぐには天井のない報酬を目指して、リスクを負って独立起業するしかなかった。

しかし、今は違う。

サラリーマンをしながら独立もOK状態だ。

日中はサラリーマン、空いた時間に自分のスモールビジネスというライフスタイルがもはや日常化するだろう。

だからこそ、自己投資によって、今の自分にプラスしてより高い精度でしっかり資産形成を行おう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました