【遺伝子検査の落とし穴】ダイエットで遺伝子検査をするのは要注意!

筋トレ・ダイエット

遺伝子検査をして、ダイエットを効率化させようと思っているんだけど意味あるのかな?

そもそも、遺伝子検査ってどんなことするの?

ダイエット用の遺伝子検査って聞いたことがあるけど、どんなものかわからないが、気になる。

検査したほうが良いのか決めかねている。

遺伝子検査をしたことがない人からすれば、謎の多いサービスだろう。

私は、これまで遺伝子検査を提供する側であったので、日常なのだが、やはり遺伝子検査の事を話すといろいろ聞かれることも多い。

そこで今回は、ダイエットに関する遺伝子検査に絞って解説してこうと思う。

この記事を書いた私は…

パーソナルジムを経営しているとき、同時に業務用・サロン向けに遺伝子検査の卸売りをしていたこともある。

また、自社でもパーソナルジムのクライアントに、100例以上の遺伝子検査を実施したこともある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダイエットで遺伝子検査をするのは要注意!

結論、ダイエットのために遺伝子検査をしても、多くの人はダイエット成功には至りません。

なぜなら、遺伝子検査を行っただけでは、決して痩せることがないから。

そもそも、ダイエッターで遺伝子検査を行う人の割合は、少数派であることは事実。

なので、まずダイエットでの遺伝子検査の生かし方を分かっていない人が多い。

実際、私が経営していたパーソナルジムでも、遺伝子検査を行うのは50人に1人くらいの割合。

これほど、まだ日本では遺伝子検査自体がメジャーではない。

だから、実際に遺伝子検査を行って、ダイエットをしても遺伝子検査の結果を実際のダイエットにどう生かしていけばいいのかわからず、結果これまでと変わらない、という人が続出している。

理解頂けるとは思うが、あくまで【検査】なので、検査を受けただけで痩せることは無い。

検査は、検査結果の教訓を生かして初めて意味がある。

多くのダイエッターが遺伝子検査を生かせない理由

簡単に言えば、遺伝子検査の結果が書かれたレポートが専門的すぎて、素人には分かりずらいものが多いから。

多くの遺伝子検査のレポートが、遺伝子の知識がなくてもできるだけ分かりやすい言葉で説明しようとしているが、それでも難しいものが多い。

なので、レポートを受け取った側も、結局今日から何をすればいいのかわからずじまい。

これまでと食事や運動も何も変わらず、これまでと同じような日常を過ごすので、結果ダイエットの成功につながりにくくなっている。

私が取り扱っていた分かりにくい遺伝子検査

実際私は、サロンなどの業務用の遺伝子検査の卸売りを行っていた経験がある。

なぜ、サロン向けだったのかというと、やはり一般消費者に直接販売すると、わかりにくいレポートが届くため。

検査をしても、小難しいレポートが届いても読む気ににもなれないだろう。

だから、エンドユーザーにレポートを説明できる、知識を持ったトレーナーやインストラクターに向けて販売していた。

また、自社でも必ずレポートが届いたときは、パーソナルトレーナーが必ず、分かりやすく30分以上もかけてカウンセリングを行っていた。

このように、ほとんどの遺伝子検査は、検査結果の解説から、結果を踏まえて具体的にどのような食事や運動を行えばいいのかサポートが必要というのが現状だ。

なので、ダイエットのために遺伝子検査を受けた多くの人が、サポートを受けられずほったらかしになっているので検査を行ってもダイエットがうまくいかない。

遺伝子検査キット自体は良いものなの?

2000円~3000円くらいの物は、検査のたびに結果が大きく変わるほど粗悪なものは多い。

しかし、多くの遺伝子検査キットは、検査自体は全く粗悪ではない。

なので、検査キット自体は良いもの。

しかし、それの検査結果を解説したレポートに多少難があるということ。

遺伝子の検査をする方法というのは、現在大きく3つほどある。

ただ、それをここで解説すると、それこそ難解になるので割愛するが。

どの検査手法で、遺伝子を検査するかで、キットの値段も変わる。

なので、2000~3000円の遺伝子検査は、簡易的な検査で結果に“ブレ”が生じやすい。

しかし、その他の物であれば、検査結果の信頼度は十分といえる。

検査結果レポートさえ分かりやすければ…

ダイエット用の遺伝子検査って実際どんなことするの?

ダイエットに必要な遺伝子の情報は、口腔内粘膜を採取すれば検査が行える。

生体の細胞を採取できれば、遺伝子の情報は解析できるので、一番簡単に細胞を採取できる口腔内粘膜が採用されている。

99%のダイエットの遺伝子検査は、綿棒で頬の内側を約20回ほどこすればこれで検査は終了だ。

後は、質問票に回答するくらい。

なので、どのダイエット遺伝子検査も検査自体は、自宅で簡単に行うことができる。

ちなみに、キットは店舗で購入するか、郵送で届く。

また、採取後のキットも基本的には郵送だ。


ただし、要注意点がある

どの遺伝子検査も、共通して注意しなければいけないことがある。

この注意点を守らなければ、検査不可でキットがもったいないことになる。

遺伝子検査を受けるときの共通の要注意点

  • 検査後は速やかに郵送する。採取した細胞にカビが生えてしまう。
  • 検査する綿棒に口紅など色素がつくと検査不可になる
  • 検査30分前に、飲食は絶対しない
  • 検査30分前に、歯磨きも避ける

遺伝子検査はどれがいいの?

結論、2つ。

サロンやジムなどで、レポートの解説を受けることのできる、遺伝子検査。

もしくは、超・分かりやすいレポート付きの遺伝子検査。

結局のところ、ダイエット目的の遺伝子検査がうまくいかないのは、検査を受けた結果、具体的に何を行えばいいのかわからない人が多いから検査が無駄になっている。

2000~3000円の安い遺伝子検査以外であれば、検査の信頼は変わらない。

後は、検査結果を生かせるか否かで、ダイエットの成果が変わる。

なので、検査後のサポートで、どの遺伝子検査を受けるのか決めればいい。

では、実際どれがおすすめ?

超・分かりやすくて、自宅で簡単にダイエット遺伝子検査を受けることができる遺伝子検査をご紹介しよう。

自宅で遺伝子検査を受けるのであれば下記の2つが絶対におすすめ。

遺伝子検査キット『遺伝子博士』


遺伝子博士の遺伝子検査は、検査後にアプリでどんな食事を行えばいいのか?どんな運動が適しているのか?

これらを丁寧に解説してあるので、検査結果後に実際何をすればいいのかわからないということは無い。

ただ、検査結果が出るまで、3週間近くはかかる。


5種類の肥満遺伝子を検査する『ダイエット遺伝子検査』


検査項目は多めで、詳細に自分の体質がわかる。

また、検査結果も約2週間で届く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました