デロンギコーヒーメーカーESAM03110Bに感動【失敗しない選択】

プロニート生活

デロンギのコーヒーメーカー気になるけど、どれがいいのかな?

デロンギのおすすめを知りたい。

安い買い物じゃないからこそ失敗したくない。

実際使用した人の感想が聞きたい。

たしかにデロンギの価格帯のコーヒーメーカーになると適当には選べない。

そこで今回は、プロのニート生活を送る私が、実際に現役で使っている、デロンギのコーヒーメーカーのおすすめをお伝えしよう。

この記事を書いた私は、約半年前、自宅にデロンギコーヒーメーカーESAM03110Bがきて、それ以来毎日お世話になっている。

プロニートにとっては、自宅に最高のコーヒーメーカーがあって幸せ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

デロンギコーヒーメーカーESAM03110Bに感動

我が家のデロンギのコーヒーメーカーは非常に優秀。

毎日、おいしいコーヒーと癒しをどんな時も間違いなく提供してくれるから。

元々、コーヒーは大好きで運動後もプロテインとコーヒーを飲んでいたくらい。

そんなコーヒー好きも毎回満足させてくれる。

デロンギESAM03110Bがある生活

参考:実際の我が家のデロンギESAM03110B

コーヒーメーカーなのでもちろん、インスタントコーヒーやペットボトルコーヒーのようにすぐに、手軽にすぐにカップに注げるわけではない。

毎回、豆をセットしないといけないわけだが、この手間があるとなぜかコーヒーがうまく感じる。(もちろん本当に抽出したてのコーヒーは美味しいのだが)

後は、“デロンギ”だから美味しいという思いこみも含んでいるのかもしれないが。

実際何がいいの?

デロンギESAM03110Bの良いところは、自分の好みに合った味を作り出せるところ。

抽出量と濃さを設定できるので、薄めが好きor濃いめが好きといった設定がすぐに行えるから。

上の写真の左から二番目のつまみのところで濃さを調整できる。(見えにくいかもしれないが…)

ちなみに私は、最高に苦みのある濃いコーヒーが好きなので、濃ゆさMAXに設定してある。

なので、飲む人の好みを聞いてから抽出できるのは本当に素晴らしい。

カフェ気分が味わえる。

カプチーノは作ることができる?

できるが、もちろんコーヒーよりは手間がかかる。

牛乳を泡立てて、その後エスプレッソに注ぐという2つの工程が必要になるため、手間がかかる。

フロッサ―と呼ばれる、抽出口の横にある棒のようなところに、牛乳を入れたカップを差し込んで泡立てる。

その後、エスプレッソを作って、最後にそこに泡立てた牛乳を入れると完成。

時間にして3分程はかかる。

ちなみに私は、このコーヒーメーカーでは1度しかカプチーノを飲んだことがない。

手間がかかるのと、やっぱり濃いコーヒーの方が好きだから。

自宅でインスタントでない、本格的なカプチーノを来客に出せたら間違いなく喜ばれると思う。

そのくらい、クオリティ高く作ることができる。

操作は難しい?

正直、覚えるまでは、説明書やガイドが手放せないと思う。

見てわかる通り、ボタンやつまみが多い。

だから、はじめはコーヒー一杯作るのにも時間がかかる。

しかし、3日もすれば慣れる。

抽出量と濃さのつまみやスチームのつまみなど似たようなつまみが並んでいるので戸惑う。

だからつまみの種類と順番をしっかり抑えれば大丈夫。

実際、下記のような、説明書とは別に簡単ガイドがあるので、とりあえずコーヒーメーカーの近くにおいて、それを見ながら操作すればいい。

参考:簡単ガイド

(ラミネートされているので、濡れても大丈夫)

デロンギESAM03110Bのメリット・デメリット

約半年使ってみて、デロンギESAM03110Bのメリット・デメリットも見えてきたのでここで紹介しよう。

とても満足しているが、だからこそメリット・デメリットも見えてきた。

ここは正直にお話して、購入を検討している方は参考にしてほしい。

デロンギコーヒーメーカーESAM03110Bのおすすめポイント

  • そこに存在するだけで、テンションが上がる
  • 壊れた、故障は今のところ一度もない
  • コスパが最高にいい
  • やっぱり好みの味に調整できるので美味しい
  • 家でカフェ気分は本当に味わえる
  • 半年たっても全然飽きない、むしろ生活に溶け込んでいる

デロンギコーヒーメーカーESAM03110Bのデメリット

  • 横も奥行きも大きいので置き場所が限定される
  • 抽出時の回転音が騒々しい
  • メンテナンスはこまめに必要
  • 操作に慣れるまでには数日かかるかも

こんな人には合っている

  • 来客が多い人
  • 手間と時間をかけていいからクオリティの高いコーヒーが飲みたい
  • 本格的なエスプレッソ、カプチーノを自宅で味わいたい
  • 自宅のコーヒーメーカーどれにしようか悩んで決められない

結論、失敗したくないならデロンギESAM03110B

コーヒーメーカー選びで迷っているなら、結論デロンギコーヒーメーカなら失敗しない。

価格は5~6万円するが、自宅でコーヒーメーカーを置きたい人は間違いなく満足するとおもう。

しかもデロンギのこの型のコーヒーメーカーは家庭用となっているが、大手ホテルのレストランでもコーヒーの提供に使われている。

このくらい自宅でクオリティの高いコーヒーが味わえるので癒しになる。

デロンギにはまだアップグレードされた型があるが?

デロンギには上は18万円ほどするものもあるが、わたしは正直今自宅にあるもので完全に満足しているし、特に買い替えようとかは思っていない。

自宅で、ほんの少し贅沢な時間を過ごせたらいいと思っている。

もちろんマシンのグレードも上がれば何か違うのだろうが、今のクオリティと価格で十分だし、正直これ以上クオリティが上がっても違いがわかる気がしない。

デロンギのグレードのより高いコーヒーメーカーは操作や・容量など、どちらかというと機能面でグレードアップされている。

なので味に特段差が出そうにないし、何よりコーヒー豆を変えれば味は変わるので、満足している。

ただ、操作を少しでも簡単にとか、1度に大量に作らなければいけない場面が多い方は、確かにデロンギのアップグレードしたものがよさそうだ。

今回紹介したデロンギのコーヒーメーカーでおすすめのESAM03110B

参考までに、アップグレードされたものを紹介

デロンギコーヒーメーカーECAM23120BN

操作は、コントロールノブを回す・押すだけで操作が簡単。

デロンギコーヒーメーカーECAM23260SBN

豆を入れられる容量も水の容量も格段に多くなっている。

もちろん、操作も簡単にはなっている。

まとめ

ざっくりまとめるとプロニート生活にはコーヒーメーカーは欠かせない。

カフェに行かなくていい口実にもなるし。

1台自宅や職場にあるだけで、ほんの少し生活が豊かになる。

ぜひおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました